彼女欲しいけど好きな人がいないという男性がするべき3つのこと

彼女が欲しいけど好きな人がいないという男性
管理人

管理人
彼女が欲しいけど好きな人がいないという男性に、一旦自分が好きなタイプについて真剣に考えて、その中で彼女を探そうという提案をしたいと思い、記事を書きました。

「彼女が欲しいけど好きな人がいない」という状況はよくあることです。彼女が欲しいけど好きな人がいない場合、そこまで好きでもない人を彼女にしていいのかというジレンマもありますよね。

でも好きな人っていったいどんな人でしょうか?自分の好みのタイプに該当するなら、その人が好きな人になり得ることもあるわけです。

この記事に書いているような自分の好きなタイプを再認識することで、好きな人になり得る人を増やして間口を広げ、彼女候補を増やすことができます。

それでは「彼女が欲しいけど好きな人がいない」と感じているあなたに、3つのポイントを詳しくお伝えします。

自分が好きな女子のタイプを立ち止まって考えてみよう

「彼女が欲しい!出会いを探そう!」と思った時にまずすべきことは、自分の理想の女性像を考えることです。出会いの場はさまざまで、いつどんな女性と知り合うかなんて誰にも予想できないものですから、まずは自己分析を兼ねてタイプの女性を想像してみましょう。

たとえば婚活パーティに行ったとします。相手の女性に


どんな方が好きですか?
と聞かれた時にあなたなら何と答えますか?焦ってしまって良くわからないことを答えてしまった…。なんていう失態は避けたいものです。

よく自分の長所を考える時に、「短所は簡単に思いつくのにな」と思うことはありませんか?好みのタイプを考えるのも同じように、自分が嫌いだと思う女性像をまずは想像してみましょう。

  • 言葉遣いが悪い人
  • 身だしなみがだらしない人
  • 愚痴ばかりこぼす人

ある程度思いついたら、それを真反対にするだけであなたのタイプの女子が見つかります。

先ほどの例で言えば、

  • 言葉遣いが綺麗な人
  • 身だしなみが整っている人
  • 愚痴は言わず前向きな人

となります。

「好きなタイプは?」とざっくりした質問をされると無難な答えばかり出てきてしまいがちですが、一度立ち止まって考えてみると意外な自分のタイプの女性像が浮かんでくるのです!

恋愛対象になる女子のパターンとその理由を考えてみよう

いくら自分が好きな女子のタイプを知っていたとしても、実際に好きになった子が全然タイプの女子と違う!ということも少なからずあるものです。自分でも知らなかったある所に惹かれていたというケースです。

学生時代、好きになった女の子を思い出してみましょう。なんとなく似ている所があったりしませんか?全員、黒髪のロングヘアーだったとか目が大きいとか。そんな意外な共通点は周囲には気付かれないもので、自分でもわかっていなかったりするのです。

でもなぜそこを好きになったのか?その理由まで考えてみるとよいかもしれません。当時ハマっていたアイドルに似てた、というだけでも立派な理由です。それだけ自分が恋愛対象になる女子のパターンを知るということのメリットはとても大きいのです。

たまたま行った場所で女の子と知り合ったとして、「でもこの子タイプじゃないな」と考えるのか「なんでかわからないけど、好きになりそう」と考えるのかでチャンスの数は変わってきます。

あくまでも好きな女子のタイプじゃないと嫌だ!と自分の考えに固執してしまうと、運命の出会いまでも逃してしまうかもしれません。自分からこの子のことをもっと良く知りたいという意欲を持つことが素敵な関係につながる第一歩です。

男性として、あなたのタイプで恋愛対象となる女子と結婚することを考えてみよう

自分の理想で恋愛対象になる女子がだいたい想像できてきたのではないでしょうか。より出会いに繋げるために、1つ幸せな想像をしてみましょう。そう、結婚です。

彼氏彼女の関係とはまた違って、夫婦には色々な形があり幸せも人それぞれです。あなたとタイプの女性とはどんな家庭を築くのか、また築いていきたいのかを具体的に考えてみてください。

独身を貫く男性が増えている中で、20代女性の7割は結婚願望があり、結婚について考えてくれている男性に対しては好印象を抱きます。そうです、結婚に対して前向きな男性はモテるんです!

合コンや婚活でも、「いつまでに結婚したいですか?」とか「結婚したら一軒家とマンション、どっちが理想ですか?」という質問が飛び交うことは度々ありますよね。

その時に「きちんと考えているんだな~」と思ってもらえるような答えを自分の中で作ってみましょう。そのうち夢が広がって、より彼女を作りたい!と強く思うようになるはず。

結婚生活は大変なものですが、それを言っている人の中には結婚したことがなく偏見で語っている人もいます。実際に理想のパートナーと手を取り合って過ごす毎日は、幸せなものです。人生のゴールとも言える結婚を彼女と一緒に想像するのも恋愛の楽しみ方の1つですね。

あなたが結婚したいと思うくらいの特徴を持った女子との出会いの方法とは?

さてこれまで彼女を作るための準備として

  • 理想の女性について
  • 恋愛対象になるタイプ
  • その女性との結婚

まで考えてきましたが、そんな完璧な女の子とどこで出会えばよいのか?というのが一番の疑問ではないでしょうか。長い間、彼女もおらず家でゲームの毎日を過ごしていた私が実際に行った出会いの方法をいくつかご紹介します。

1つ目が街コンと呼ばれるものです。婚活系のイベントよりも気軽に参加でき、私も若かったので、20代前半の女子が多く参加していることに惹かれました。

年収を聞いてきたり、服装をチェックされることはあまりなく、何人か連絡先をゲットできました。ただ当日にある程度仲良くなっておかないと、後日メッセージの返事がないことが多かったです。

2つ目は趣味でした。競馬が好きだったので、競馬好きの女性と友達になりたいなあ。と単純に考えていましたが、なかなか競馬好きの女性と知り合うことは難しかったです。

学生の人なら学生サークル、社会人なら社会人サークルみたいなものに参加するか、もしくは3つ目のマッチングアプリで、同じ趣味の女性を探すこと。これが一番早く同じ趣味の女性と出会えるのではないでしょうか?

3つ目は、マッチングアプリです。私は完全なるインドア派でしたので、スマホ1つで簡単に出会えたらラッキーだなという軽い気持ちで登録しました。趣味の欄でも書きましたが、マッチングアプリの「Pairs」を使って、同じ趣味の女性(私の場合は競馬好き女子)を探しました。

趣味以外にも、数あるコミュニティから登録している女性がどんな人なのか?が簡単にわかりますので、自分の思考と合いそうな人にアプローチしていくことで好みのタイプと女性と知り合うことが可能です。

実際私も何十人にアプローチした結果、最終的に競馬好きの女性と知り合うことができて、初彼女をゲットすることに成功しました。

  • 思考が似ている
  • 趣味が同じ

こんな女性と知り合うのには、「Pairs」はホントにオススメです。

私の場合はマッチングアプリで出会うことができたとはいえ、場所やタイミングによっては、どこでもよい出会いは巡ってくるもの。素敵な出会いに繋げるには、自分から行動してみるということが一番なのではないでしょうか。

ペアーズで彼女を探す
ペアーズで彼女を探す